意に沿った葬儀を行なう為に話し合っておきたい事

自分が死んだ時にどのような葬儀を行って欲しいのかは、家族できちんと話し合っておくべき点の1つである。
特に高齢者がいる家庭の場合は、悔いのないように事前に本人にある程度確認しておくと言いだろう。

重要な儀式

冠婚葬祭と呼ばれるように、葬儀は様々な儀式の中でも特別視されている。なぜなら葬儀は、成人式と同じように人生で一度しかない儀式の1つだからである。
その為、本人だけではなく、周りにも後悔がないようにしておきたいのである。

話し合っておくべき事

葬儀の際に迷う点は幾つかあるが、まず最初に迷うのがどのような葬儀が良いのかである。
好きな音楽や趣味に関わる事を積極的に取り入れるべきなのかや、どのような写真を使いたいのかを話し合っておくと良いだろう。

交友関係

葬儀を行なう際に困ってしまうのが、どの人を呼ぶべきなのか把握しきれない点である。
これも生前に聞いておく事で、誰と誰は呼んで欲しいのか、誰は呼んで欲しくないのかがわかる。亡くなったしまった後では、知人が多い故人だと大変な作業になるので注意が必要である。

葬儀の種類

人によっては、葬儀の際にごく一部の親しい人や親族のみで家族葬や密葬を希望する人もいる。
ひっそりと行いたい場合は、このような葬儀を選んであげる事で、故人の意に沿った葬儀を行なう事が出来る。

Comments are closed.