自分の生活や収入に見合う葬儀をする

多様化

昔は葬儀と言えば一式行うのが当たり前となっていました。
しかし、現在ではそれぞれに家庭の事情持違いますし、そう簡単には行きません。
ですから、葬儀屋で行ってくれる葬儀もどんどんと多様化してきています。
通常通りの葬儀、家族葬、直葬、貴方も自分の家庭環境や収入の状況に応じて選択しましょう。

金銭面での苦労

実は、葬儀をするのに膨大なお金がかかると知っていましたか?
いたって一般的な葬儀を行うのにかかる費用は、現在300万円程度と言われています。
実際には、これにお墓や仏壇、お布施代金等がかかりますから、更に大きな金額が必要となるのは当然の事ですからね?
昔ならば、遺産に安定した収入等がありましたから、300万円でも出せたのかもしれません。
しかし、不景気と格差が広がる日本で300万円ポンと払える人はどんどんと減ってきています。
ですから、家族葬等を始め安価で着式になっている葬儀が増えてきているわけなのです。

地域の助け

家族葬や直葬でも、1万円や2万円ではすみません。
もっと葬儀費用を安くしたい…そんな時には、貴方が住んでいる地域のちからを借りて下さい。
だいたい、市町村には区民葬や市民葬と言う制度が設けられています。
簡単に市役所等から確かめる事ができますので、これらを利用して安価に葬儀を済ます事もできます。
知らなければ利用できない制度ですから、積極的に使うようにしましょうね。

簡略化する

葬儀とは気持ちです。元々お葬式と言うのは死んだ人に対して行う物では無く、残された人の気持ちに整理をつける為に行う物なのです。
ですから、略式でもなんでも気持ちがあれば変わりません。
家族葬ならば簡単な通夜程度の時間は取れますので、火葬してしまうまでしっかりとお別れを言う事ができるようになります。

例外もある

葬儀の順番として、通夜、葬式、出棺、火葬となります。
しかし、コレが通常の順番通り行えない場合もあります。
例えば、感染症等で長時間遺体を保管しておく事が危険な場合や、原型を留めていない場合等になります。
そんな時には、先に火葬を行ってから式や通夜を行う事もあります。家族葬の場合でも先に火葬をする事もあります。

Comments are closed.