香典返しを贈る際の注意点

人は亡くなると葬儀や告別式等をとり行って、故人を仲の良かった人達と見送ります。
この葬儀は、人が亡くなってしまった際になくてはならないですが、実際には費用がかかってしまうので、身内だけでとり行う場合もあります。

香典の起源

ある程度の費用が必要となる葬儀ですが、人の死は突然やってくるので、経済的に厳しい時期にとつぜん葬儀を行なう必要が出てくる場合もあります。
その際に経済的に助ける為にとの思いから、現在では慣例化しているのが香典です。

現在では

香典は、元々お金ではなく、米や野菜等の葬儀の際に供える物を持ってくる所が始まりだったようです。
そして最近では、この香典に対して感謝の意味を込めて、香典返しを贈る場合が多くあります。

時期

香典返しは、基本的に四十九日の忌明け後に贈るものです。
しかい最近では、香典をもらった当日返す、即日返しを行なう人も増えています。即日返しだと、残された家族に大きな負担がかかりません。

当日に

香典返しは、一般的に使用してなくなるお茶やのり等の飲食物か、タオルセットの人気が高くなっています。
また場合によっては、3つ程の種類を用意して選ばせる場合や、カタログギフトを使用するば場合もあります。

Comments are closed.