仏具の中でも大事な数珠

親しくしていた人が突然亡くなってしまったと聞いた際には、なんとか時間を作って通夜や告別式に駆けつけたい所ですよね。
その際に必要となってくるのが、仏具の1つである数珠です。

数珠とは

数珠は、念珠とも呼ばれている物で、身につけておく事でお守りとしての効力も持っていると言われています。
また手を合わせる際にこの数珠があれば、煩悩が消えると言われており、無くてはならない仏具の1つです。

ファッションとしても

最近では、ファッションの多様化と共に数珠をブレスレットとして身につけている人もたくさん見かけます。
数珠は、昔から日本にある由緒正しい仏具なので、TPOを選ばず何処へでも付けていけるブレスレットなのです。

どのような材料にするのか

大人になると、いざという時の為に自分の数珠を1つぐらいは持っておきたい所です。
数珠を作る際は、どのような材料を使用して作ってもらうのか決める必要があります。
自分の好きな石を選んでみるのも良いですし、渋い木を材料にして一生使えるような物を作っておくのも良いでしょう。

お手入れ

数珠は手に付ける物なので、手垢が付きやすくお手入れをしてないと傷んでしまう物です。
その為、使った後は柔らかい布で手垢が残らないように優しく拭いておくのが望ましいと言えます。ただし水や洗剤を使うのは、より傷ませてしまう事もあるのでやめておきましょう。
自分だけの数珠を手に入れて、いつまでも大事に使っていきたいですね。

Comments are closed.