生きているうちからでも、準備は大切

必要な物

葬儀を行うのに必要な物…たくさんありますよね?
中でも絶対に外せない物が遺影です。これが無ければどうにもなりません。
これは、故人を偲ぶ為に必要な写真や肖像画になっています。
葬儀の時に飾られる事が多いですね。

自分で

元々、この遺影はこれまでの人生で撮影された写真の中から選択する事が多かったのですが、最近では自分で撮影に行く人も増えています。
それは死ぬ準備と言うよりも、しっかりと生きている証を残す為だと言われています。
中には、生きているうちから遺影を撮影するなんて!と怒る人もおりますが、受け止め方は貴方次第です。
実際に遺影を撮影してくれる写真館は非常に人気となっていますよ。

技術の発展

昔は、写真を引き伸ばして使うと言う物でした。
しかし、近年ではパソコンの技術も上がったお陰で、様々な加工や対処方法が出来るようになってきました。
ですので、より良い写真を葬儀の場面で利用できるようになってきています。
また、事前に撮影したデータを写真館で使用する時まで保管してくれているサービスもあります。

進化する遺影

遺影と言えば写真と言うイメージでしたが、最近ではポートレートのようにしたり、動画にして利用する会社も増えてきています。
残したい写真がたくさんある場合には、デジタルフォトフレームを利用して葬儀を行う事もあります。

自分で

近年では、遺影だけでなく自分自身の葬儀やその方法、呼ぶ人まで全て事前に自分自身で決めている人がおります。
金銭面でも、時間等の面でも子供達に負担をかけないようにと言う配慮からですね。
最近は葬儀代金を補償してくれると言う保険も出来てきましたので、これを利用するのも良いでしょう。

Comments are closed.