樹木葬の良い所

祖母は昔から自由気ままな人で、誰にも縛られる事なく生きてきた人でした。
そんな祖母が亡くなる前に望んだ葬儀が樹木葬と呼ばれるものでした。

石ではなく木

樹木葬とは、その名の通り墓石ではなく、草木を墓標とする葬儀の事です。
その際、基本的に遺骨は土に埋葬する事になります。樹木葬のように自然に還る事が出来る葬儀は、自然葬とも呼ばれています。

比較的安価

祖母が樹木葬を選んだ理由は幾つかありますが、その中でも最も強く惹かれていたのが、費用があまりかからない事でした。
墓石でお墓を作るよりも半分以上安くなる事が多く、誰にも負担をかけたくない祖母にとっては最善の方法だったのでしょう。

一人でも

樹木葬は、墓石でお墓を作った場合と違って、継承者の有無を問われる事はありません。
つまり管理を誰かにお願いしなくても良いのです。これもおそらく祖母が決めた理由の1つでしょう。

どのような

樹木葬は、散骨ではなく埋葬です。その為、埋葬の際に植えた樹木や草木を見に行くと、祖母に会えたような気がして心が穏やかになります。
樹木葬は、里山のような山手にちらほらとある場合と公園のように1つの樹木の周辺に集まっている場合があります。
もし樹木葬を行ないたい場合はどのような場所が良いのか探しておくと良いと思います。

Comments are closed.